ブルース | FTJS!ジャムセッション講座 ON LINE

【ブルース初級】Pf・メジャーペンタ・オクターブ下(Sweet Home Chicago / Eブルース)

 

「ペンタ」は、ペンタトニックスケールの略。
また、数字の”5”という意味もあり、
ペンタトニックスケールは
音が5音のスケールのことです。

メジャースケールから
4番目と7番目の音を抜いたものが、
メジャーペンタトニックスケールです。
実音とナンバリングを合わせて書くと、下表のようになります。

ディグリー
実音Key:Eファ♯ソ♯ド♯
B♭管(F♯)ファ♯ソ♯ラ♯ド♯レ♯
E♭管(D♭)レ♭ミ♭ファラ♭シ♭

ほかのレッスン動画でも解説していますが、
アドリブ初心者の方にオススメなのは、
「何か弾いたらこの1の音に戻る」
というソロの取り方です。

1の音は、キーの中心の音。
ほかの音からこの音に戻ると、
落ち着いた、安定感のある
雰囲気になります。

ですから、この音に戻るように
ソロを弾くと、メロディが
まとまりやすいのですね。

上の表は、便宜上1から書き始めていますが、
アドリブでは1の音を中心として、
下側5・6・1、上側1・2・3の
それぞれ3音をセットにして
考えるようにすると、
ソロが取りやすいです。

初心者の方は、まずこんなふうに
「1に必ず戻る」という意識で
ソロに慣れていってくださいね!

 

 

動画出演:瀧澤 拓磨
解説執筆:若松 大樹

※名前をクリックするとFacebookのプロフィールに飛びます。

 

【ブルース初級】Gt・メジャーペンタ・オクターブ下(Sweet Home Chicago / Eブルース)

 

「ペンタ」は、ペンタトニックスケールの略。
また、数字の”5”という意味もあり、
ペンタトニックスケールは
音が5音のスケールのことです。

メジャースケールから
4番目と7番目の音を抜いたものが、
メジャーペンタトニックスケールです。
実音とナンバリングを合わせて書くと、下表のようになります。

ディグリー
実音Key:Eファ♯ソ♯ド♯
B♭管(F♯)ファ♯ソ♯ラ♯ド♯レ♯
E♭管(D♭)レ♭ミ♭ファラ♭シ♭

ほかのレッスン動画でも解説していますが、
アドリブ初心者の方にオススメなのは、
「何か弾いたらこの1の音に戻る」
というソロの取り方です。

1の音は、キーの中心の音。
ほかの音からこの音に戻ると、
落ち着いた、安定感のある
雰囲気になります。

ですから、この音に戻るように
ソロを弾くと、メロディが
まとまりやすいのですね。

上の表は、便宜上1から書き始めていますが、
アドリブでは1の音を中心として、
下側5・6・1、上側1・2・3の
それぞれ3音をセットにして
考えるようにすると、
ソロが取りやすいです。

初心者の方は、まずこんなふうに
「1に必ず戻る」という意識で
ソロに慣れていってくださいね!

 

 

動画出演&解説執筆:若松 大樹

※名前をクリックするとFacebookのプロフィールに飛びます。

 

【ブルース初級】Cl・メジャーペンタ・オクターブ下(Sweet Home Chicago / Eブルース)

「ペンタ」は、ペンタトニックスケールの略。
また、数字の”5”という意味もあり、
ペンタトニックスケールは
音が5音のスケールのことです。

 

メジャースケールから
4番目と7番目の音を抜いたものが、
メジャーペンタトニックスケールです。
実音とナンバリングを合わせて書くと、下表のようになります。

 

ディグリー
実音Key:Eファ♯ソ♯ド♯
B♭管(F♯)ファ♯ソ♯ラ♯ド♯レ♯
E♭管(D♭)レ♭ミ♭ファラ♭シ♭

ほかのレッスン動画でも解説していますが、
アドリブ初心者の方にオススメなのは、
「何か弾いたらこの1の音に戻る」
というソロの取り方です。

 

 

1の音は、キーの中心の音。
ほかの音からこの音に戻ると、
落ち着いた、安定感のある
雰囲気になります。
ですから、この音に戻るように
ソロを弾くと、メロディが
まとまりやすいのですね。

 

 

 

 

上の表は、便宜上1から書き始めていますが、
アドリブでは1の音を中心として、
下側5・6・1、上側1・2・3の
それぞれ3音をセットにして
考えるようにすると、
ソロが取りやすいです。

 

 

 

初心者の方は、まずこんなふうに
「1に必ず戻る」という意識で
ソロに慣れていってくださいね!

 

 

 

動画出演: ありよしなおこ
解説執筆:若松 大樹

※名前をクリックするとFacebookのプロフィールに飛びます。

 

【ブルース初級】イントロ「ケツ4」(Sweet Home Chicago / Eブルース)

 
 
曲によっては、演奏前に
丁寧に打ち合わせをする場合も
ありますが、
 
 
ブルースでは、曲名やキーを確認したら
 
「イントロはケツ4で」
「あい、OKです」
 
 
という会話だけで、
打ち合わせが終わることもしばしば。
 
 
 
 
 
 
 
ですので、暗黙の了解というか、
お決まりのイントロ
お決まりのエンディングを知らないと、
セッションの現場で困ることになります。
 
 
 
 
 
たかがイントロ、されどイントロ。
 
 
 
そんなわけでまずは、
イントロについて解説していきます。
 
↓↓動画はこちら↓↓
【Eブルース イントロ「ケツ4」】
 
 
 
 
「ケツ4」とは「最後の4小節」
という意味です。
 
 
Sweet Home ChicagoはキーがEで、
基本的な3コードブルースですから
コード進行は以下のようになります。
 
 
E7
E7
E7
E7
A7
A7
E7
E7
B7
A7
E7
B7
 
 
 
この場合、
「イントロはケツ4で」と言われたら、
最後の4小節と同じコード進行で
B7-A7-E7-B7 と演奏してから、
テーマを開始します。
 
 
 
 
イントロの部分だけを抜き出すと、
この動画のようになります。
 ↓↓
【Eブルース イントロ「ケツ4」】
 
 
また、同様の言い回し(スラング)で
「ケツ8」というものもあります。
類推できると思いますが、これは
「曲の最後8小節を
 イントロとして演奏する」
という意味です。
 
 
 
「ケツ4」がブルースのイントロで
お決まりのパターンである、
ということを理解していれば、
ブルースセッションの現場で
戸惑うことは減ります。
大事なセッションマナーですから、
しっかりと覚えてくださいね。
 

■動画出演者

Vo &Gt: 若松 大樹
Cl: ありよしなおこ
Pf:瀧澤 拓磨
Ba:高窪 珠利
Dr:中村 彰宏

※名前をクリックするとFacebookのプロフィールに飛びます。

 

【ブルース初級】エンディング(Sweet Home Chicago / Eブルース)

 

ブルースの終わり方にも
いくつかバリエーションはありますが、
この動画ではオーソドックスに
以下のような流れで曲を終えています。
 
 
 
 
テーマの最終コーラスでボーカルから
ハンドサイン&アイコンタクト
  ↓
10小節目でブレイク(全体おやすみ)
  ↓
ボーカルの呼吸に合わせて演奏再開
みんなでジャカジャカ鳴らして、
最後にタイミングを合わせて終了
 
 
 
 
 
ハンドサインやアイコンタクトで
終了の合図を出すのはソリストの役目です。
この曲はボーカルがテーマ・メロディを
歌っていますが、
ギターでテーマを演奏する場合には、
ギタリストが合図を出します。
 
 
 
 
 
成功のコツは、ひとえに
【メンバーをしっかりと見る】
ということ。
 
 
 
エンディングのタイミングは
「間」の読み合いです。
 
 
人によってタイミングは
まちまちですし、同じ人でも
曲ごとに、あるいは
その日のテンションにより
微妙にタイミングは異なりますから、
毎回しっかりと呼吸を合わせるのが
重要になってきます。
 
 
 
 
また、ボーカルなど
ソリストの視点でいえば、
ハンドサインやアイコンタクト、
その他のジェスチャーで
わかりやすくタイミングを
示してあげることも
成功の秘訣になります。
 
 
 
 
こういった細かなコツは
とにかく場数を重ねることが
一番の練習ですが、
普段、自宅で一人で練習する時も
メンバーと一緒に演奏している
イメージを持って練習すると
本番での戸惑いが少なくなります。
 

■動画出演者

Vo &Gt: 若松 大樹
Cl: ありよしなおこ
Pf:瀧澤 拓磨
Ba:高窪 珠利
Dr:中村 彰宏

※名前をクリックするとFacebookのプロフィールに飛びます。

 

【ブルース初級】オブリガート(Sweet Home Chicago / Eブルース)

Eブルース SweetHomeChicago オブリガート

 

オブリガートを一言で説明するなら、
【ソロに対する合いの手】
 
この動画のように、
メロディの隙間でちょこちょこっと
短いフレーズで合いの手を入れることを指します。
 
 
オブリガートができると、
セッションでの楽しみが広がります。
 
 
 
というか、
オブリガートが入れられないと
ほかの人がソロをとっているときに
管楽器の人はやることがないのです。^^;
 
 
 
せっかくのセッションですから、
自分のソロが終わって、
ぼーっと立っているだけでは
もったいないですよね。
 
 
ぜひ、管楽器の人には
マスターしていただきたい
テクニックです。
 
 
 
 
なかなか最初は
うまく入れられないと思いますが、
 
 
4小節目を狙って1音だけ
ぽーん、と入れるような
簡単なフレーズから練習して
徐々に感覚をつかんでいくのが
おすすめです。
 
 
 
ちなみに、自分のソロに対して
オブリガートを催促する場合は、
ターゲットのソリストを一人決めて
アイコンタクトを送ります。
 
 
こちらの動画で、ボーカルの視線が
どこに向いているのかチェックしてみると
イメージが湧くかと思います。
 
 
 
ソリスト同士で積極的に絡む
材料になるオブリガート。
ぜひ身につけてくださいね!
 
 

■動画出演者

Vo &Gt: 若松 大樹
Cl: ありよしなおこ

※名前をクリックするとFacebookのプロフィールに飛びます。

 

【ブルース初級】Pf・マイナーペンタ・オクターブ上(Sweet Home Chicago / Eブルース)

Eブルース Pf マイナーペンタ オクターブ上

「ペンタ」は、ペンタトニックスケールの略。
また、数字の”5”という意味もあり、
ペンタトニックスケールは
音が5音のスケールのことです。

実音とナンバリングを合わせて書くと、下表のようになります。
ディグリー♭3♭7
実音Key:E
B♭管(F♯)ファ♯ド#
E♭管(D♭)レ♭ソ♭ラ♭ド♭

いわゆる「ブルーノート」と呼ばれる
♭3、♭7が含まれていて、
これらの音を絡めて弾くと、
ブルージーなメロディになります。

また、これらの音は
1→♭3、5→♭7のように
”下からしゃくりあげる”ように
歌わせると、よりブルースらしい
メロディになります。

このスケールで色々アドリブして
実験をかさねながら、
自分なりの歌わせ方を
探してみてくださいね!

 

動画出演:瀧澤 拓磨
動画解説:若松 大樹

※名前をクリックするとFacebookのプロフィールに飛びます。

 

【ブルース初級】Gt・マイナーペンタ・オクターブ上(Sweet Home Chicago / Eブルース)

Eブルース Gt マイナーペンタ オクターブ上

「ペンタ」は、ペンタトニックスケールの略。
また、数字の”5”という意味もあり、
ペンタトニックスケールは
音が5音のスケールのことです。

実音とナンバリングを合わせて書くと、下表のようになります。
ディグリー♭3♭7
実音Key:E
B♭管(F♯)ファ♯ド#
E♭管(D♭)レ♭ソ♭ラ♭ド♭

いわゆる「ブルーノート」と呼ばれる
♭3、♭7が含まれていて、
これらの音を絡めて弾くと、
ブルージーなメロディになります。

また、これらの音は
1→♭3、5→♭7のように
”下からしゃくりあげる”ように
歌わせると、よりブルースらしい
メロディになります。

このスケールで色々アドリブして
実験をかさねながら、
自分なりの歌わせ方を
探してみてくださいね!

 

動画出演&解説:若松 大樹

※名前をクリックするとFacebookのプロフィールに飛びます。